空席キー照会(StartRouting)

 

API情報

当該機能は日付・区間等の検索条件を送信して空席キー(RoutingId)を取得APIです。

 

リクエストサンプル

シングル(=片道)の場合
 選択<CommandList>
	<StartRouting>
		<XmlLoginId>XXXXXXXXXXXXXXXX</XmlLoginId>
		<LoginId>XXXXXXXXXXXXXXXX</LoginId>
		<Mode>plane</Mode>
		<Origin>
			<Descriptor>LTN</Descriptor>
			<Type>airportcode</Type>
			<ResolutionTypeList>
				<ResolutionType>airportgroup</ResolutionType>
				<ResolutionType>airportcode</ResolutionType>
			</ResolutionTypeList>
			<Radius>0</Radius>
		</Origin>
		<Destination>
			<Descriptor>MAD</Descriptor>
			<Type>airportcode</Type>
			<Radius>0</Radius>
		</Destination>
		<OutwardDates>
			<DateOfSearch>01/05/2020-10:00</DateOfSearch>
		</OutwardDates>
		<MaxChanges>1</MaxChanges>
		<MaxHops>2</MaxHops>
		<SupplierList>
			<Supplier>ezy</Supplier>
		</SupplierList>
		<Timeout>40</Timeout>
		<TravelClass>Economy With Restrictions</TravelClass>
		<TravellerList>
			<Traveller>
				<Age>30</Age>
			</Traveller>
		</TravellerList>
		<IncrementalResults>true</IncrementalResults>
		<BookingProfile>
			<CustomSupplierParameterList>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>PointOfSale</Name>
					<Value>JP</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserIPAddress</Name>
					<Value>1.1.1.1</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserBrowserAgent</Name>
					<Value>Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.135 Safari/537.36</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserDeviceMACAddress</Name>
					<Value>01-23-45-67-89-ab</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>RequestOrigin</Name>
					<Value>Japan-www.infini-lccbooking.com</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter> 
					<Name>UseNewLuggageFramework</Name> 
					<Value>true</Value> 
				</CustomSupplierParameter>
			</CustomSupplierParameterList>
		</BookingProfile>
	</StartRouting>
</CommandList>​
リターン(=往復)の場合
 選択<CommandList>
	<StartRouting>
		<XmlLoginId>XXXXXXXXXXXXXXXX</XmlLoginId>
		<LoginId>XXXXXXXXXXXXXXXX</LoginId>
		<Mode>plane</Mode>
		<Origin>
			<Descriptor>LTN</Descriptor>
			<Type>airportcode</Type>
			<ResolutionTypeList>
				<ResolutionType>airportgroup</ResolutionType>
				<ResolutionType>airportcode</ResolutionType>
			</ResolutionTypeList>
			<Radius>180000</Radius>
		</Origin>
		<Destination>
			<Descriptor>MAD</Descriptor>
			<Type>airportcode</Type>
			<Radius>180000</Radius>
		</Destination>
		<OutwardDates>
			<DateOfSearch>01/05/2020-10:00</DateOfSearch>
		</OutwardDates>
		<ReturnDates>
			<DateOfSearch>04/05/2020-10:00</DateOfSearch>
		</ReturnDates>
		<MaxChanges>1</MaxChanges>
		<MaxHops>2</MaxHops>
		<SupplierList>
			<Supplier>ezy</Supplier>
		</SupplierList>
		<Timeout>40</Timeout>
		<TravelClass>Economy With Restrictions</TravelClass>
		<TravellerList>
			<Traveller>
				<Age>30</Age>
			</Traveller>
		</TravellerList>
		<IncrementalResults>true</IncrementalResults>
		<BookingProfile>
			<CustomSupplierParameterList>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>PointOfSale</Name>
					<Value>JP</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserIPAddress</Name>
					<Value>1.1.1.1</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserBrowserAgent</Name>
					<Value>Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.135 Safari/537.36</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserDeviceMACAddress</Name>
					<Value>01-23-45-67-89-ab</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>RequestOrigin</Name>
					<Value>Japan-www.infini-lccbooking.com</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter> 
					<Name>UseNewLuggageFramework</Name> 
					<Value>true</Value> 
				</CustomSupplierParameter>
			</CustomSupplierParameterList>
		</BookingProfile>
	</StartRouting>
</CommandList>​
IATA番号、航空会社から提供されたAgentログイン情報を入力の場合
 選択<CommandList>
	<StartRouting>
		<XmlLoginId>XXXXXXXXXXXXXXXX</XmlLoginId>
		<LoginId>XXXXXXXXXXXXXXXX</LoginId>
		<Mode>plane</Mode>
		<Origin>
			<Descriptor>HND</Descriptor>
			<Type>airportcode</Type>
			<Radius>18000</Radius>
		</Origin>
		<Destination>
			<Descriptor>LAX</Descriptor>
			<Type>airportcode</Type>
			<Radius>18000</Radius>
		</Destination>
		<OutwardDates>
			<DateOfSearch>20/02/2019-17:00</DateOfSearch>
		</OutwardDates>
		<ReturnDates>
			<DateOfSearch>19/03/2019-10:00</DateOfSearch>
		</ReturnDates>
		<MaxChanges>0</MaxChanges>
		<MaxHops>1</MaxHops>
		<SupplierList>
			<Supplier>XXXXXXXXXX</Supplier>
		</SupplierList>
		<Timeout>40</Timeout>
		<TravelClass>Economy With Restrictions</TravelClass>
		<TravellerList>
			<Traveller>
				<Age>30</Age>
			</Traveller>
		</TravellerList>
		<IncrementalResults>true</IncrementalResults>
		<BookingProfile>
			<CustomSupplierParameterList>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>PointOfSale</Name>
					<Value>JP</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserIPAddress</Name>
					<Value>1.1.1.1</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserBrowserAgent</Name>
					<Value>Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.135 Safari/537.36</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>EndUserDeviceMACAddress</Name>
					<Value>00-00-00-00-00-ab</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>RequestOrigin</Name>
					<Value>Japan-www.infini-lccbooking.com</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Name>UseNewLuggageFramework</Name>
					<Value>true</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Supplier>XXXXXXXXXX</Supplier>
					<Name>AgentIATANumber</Name>
					<Value>00000000</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Supplier>XXXXXXXXXX</Supplier>
					<Name>AgentIdentifier</Name>
					<Value>XXXX</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Supplier>XXXXXXXXXX</Supplier>
					<Name>AgentLogin</Name>
					<Value>abcdef001</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Supplier>XXXXXXXXXX</Supplier>
					<Name>AgentPassword</Name>
					<Value>xxxxxxx^99</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Supplier>XXXXXXXXXX</Supplier>
					<Name>FrequentFlyerNumbers</Name>
					<Value>XX:609XXX6</Value>
				</CustomSupplierParameter>
				<CustomSupplierParameter>
					<Supplier>XXXXXXXXXX</Supplier>
					<Name>accessTestEnvironment</Name>
					<Value>true</Value>
				</CustomSupplierParameter>
			</CustomSupplierParameterList>
		</BookingProfile>
	</StartRouting>
</CommandList>

レスポンスサンプル

 選択<CommandList>
-
	<StartRouting millis="26">
		<LoginId>XXXXXXXXXXXXXXXX</LoginId>
		<RoutingId>C1T7RL453763HROO</RoutingId>
		<RouterList>
			<Router>
				<Supplier>ezy</Supplier>
				<Vendor>
					<Name>easyJet</Name>
					<Url>http://www.easyjet.com/</Url>
				</Vendor>
				<Complete>false</Complete>
				<RequestedLocations>
					<Origin>
						<Type>city</Type>
						<Code>LON</Code>
					</Origin>
					<Destination>
						<Type>airport</Type>
						<Code>MAD</Code>
					</Destination>
				</RequestedLocations>
			</Router>
		</RouterList>
		<Summary>
			<Origin>
				<Location>
					<Id>10004793</Id>
					<Name>Luton Airport</Name>
					<Country>
						<Name>United Kingdom</Name>
						<Code>GB</Code>
					</Country>
					<Type>Airport</Type>
					<City>
						<Name>London</Name>
						<Code>LON</Code>
					</City>
					<Airport>
						<Name>Luton Airport</Name>
						<Code>LTN</Code>
					</Airport>
				</Location>
			</Origin>
			<Destination>
				<Location>
					<Id>10004909</Id>
					<Name>Barajas</Name>
					<Country>
						<Name>Spain</Name>
						<Code>ES</Code>
					</Country>
					<Type>Airport</Type>
					<City>
						<Name>Madrid</Name>
						<Code>MAD</Code>
					</City>
					<Airport>
						<Name>Barajas</Name>
						<Code>MAD</Code>
					</Airport>
				</Location>
			</Destination>
			<Distance>1291019</Distance>
			<OutwardDate>01/05/2015-10:00</OutwardDate>
			<ReturnDate>04/05/2015-10:00</ReturnDate>
		</Summary>
	</StartRouting>
	<GeneralInfoItemList>
		<GeneralInfoItem>
			<Name>ServerAddress</Name>
			<Value>1.1.1.1</Value>
		</GeneralInfoItem>
		<GeneralInfoItem>
			<Name>ClientAddress</Name>
			<Value>1.1.1.1</Value>
		</GeneralInfoItem>
		<GeneralInfoItem>
			<Name>StartTime</Name>
			<Value>06/04/15-09:14:58</Value>
		</GeneralInfoItem>
		<GeneralInfoItem>
			<Name>EndTime</Name>
			<Value>06/04/15-09:14:58</Value>
		</GeneralInfoItem>
	</GeneralInfoItemList>
</CommandList>
 
XML Field 階層 M/O 説明
CommandList - M コマンドリストタグ
-StartRouting 1 M コマンドタグ
--XmlLoginId 2 M XMLログインID
詳細は 接続仕様 参照
--LoginId 2 M ログインID
詳細は 接続仕様 参照
--Mode 2 M plane  (固定値)
--ProductType 2 M 未使用
--Origin 2 M 出発地タグ
---Descriptor 3 M 出発地
・都市コード (例:LON) (大文字)
・空港コード  (例:LHR) (大文字)
・ロケーションID/座標
---Type 3 M "Descriptor"エレメントの定義。定義する値は以下の通り。複数指定不可。
airportcode 空港コード
例:
Descriptor    :AMS
Type            :airportcode
→アムステルダム・スキポール空港
airportgroup 都市コードグループ 
利用する場合、"Descriptor"は都市コードをセット
例:
Descriptor    :LON
Type            :airportgroup
→ロンドン全空港(LHR/LGW/LCY/STN/LTN)
locationid ロケーションID
利用する場合、"Descriptor"はロケーションIDをセット
coordinate 座標(経度/緯度) 
利用する場合、"Descriptor"は経度/緯度をセット

 
---Radius 3 O 指定した出発地から検索対象とする半径を指定する。単位はメートル。
"Type"が"airportcode"の場合のみ、当該タグを指定してください。
※値は「1000」をセットしてください。
"Type"が"airportgroup"の場合は、当該タグの指定は不要です。
--Destination 2 M 到着地タグ。子階層については"Origin"と同様
--OutwardDates 2 M 往路出発日タグ
---DateOfSearch 3 M 往路出発日時  dd/mm/yyyy-hh:mm  
各航空会社の仕様に基づき、指定された日付または時間に最も近い結果が表示されます。
---DepartDateFilter 3 O 出発日範囲指定タグ
指定された範囲を出発日とする検索結果が返却される。
当該機能を利用するには申請が必要です。利用する場合は必ずお問い合わせください。
----DiscardBefore 4 O フォーマット:dd/mm/yyyy-hh:mm
指定した日時より前の検索結果が削除され、当該日時以降の検索結果のみが返却される。
当該機能を利用するには申請が必要です。利用する場合は必ずお問い合わせください。
----DiscardAfter 4 O フォーマット:dd/mm/yyyy-hh:mm
指定した日時以降の検索結果が削除され、当該日時より前の検索結果のみが返却される。
当該機能を利用するには申請が必要です。利用する場合は必ずお問い合わせください。
---ArriveDateFilter 4 O 到着日範囲指定タグ
指定された範囲を到着日とする検索結果が返却される。
当該機能を利用するには申請が必要です。利用する場合は必ずお問い合わせください。
--ReturnDates
[Optional]
2 O 復路を指定する場合に利用する。構造は"OutwardDates"と同様。
当該エレメントを省略した場合は、片道旅程として空席照会を行う。
--MaxChanges 2 M Leg内での"Change"の最大可能回数 "0"も可
サプライヤーが当該機能をサポートしている場合、サプライヤーから指定された値に対する検索結果が返却される。サプライヤーにて当該機能がサポートされていない場合、Travelfusionにて指定した値に合致しない結果を削除しデータを返却する。
なお、Travlefusionでもデータの絞り込みができず、合致しない結果をそのまま返却する場合もあります。

※セグメント用語の定義については「基本ルール/ガイドライン」を参照のこと
--MaxHops 2 M Leg内での"Hop"の最大可能回数 ”1"以上
セグメント用語の定義については「基本ルール/ガイドライン」を参照のこと。
--SupplierList 2 O サプライヤータグ。省略した場合、全サプライヤーを検索対象とする。
---Supplier 3 O セットする値はTravelfusionが定義する「Identifiers」をセット。 セットする「Travelfusion Identifiersリスト」参照のこと。
--RealOperatorFilter 2 O 未使用
---Type 3 O 未使用
---OperatorList 3 O オペレーターリスト
選択/拒否するオペレーターを特定する
----Operator 4 O オペレーター2レター
--VendingOperatorFilter 2 O 未使用
--Timeout 2 M タイムアウト時間。単位は秒。
--TravelClass 2 O 以下のクラスのいずれかをセットする。
 Economy With Restrictions
 Economy Without Restrictions
 Economy Premium
 Business
 First

*注意*
・省略した場合は全クラスが対象となります。
・値をセットしたもののサプライヤーによっては指定した値を無視して全クラスを返却する場合があります。
--TravellerList 2   旅行者情報タグ
---Traveller 3   旅行者タグ
----Age 4   旅行者の年齢。大人/小児/幼児/シニアを年齢にて定義する。
Travelfusionの基準値としては以下の通り。
大人     :30
小児     :7
幼児    :0
シニア    :90

ただし、年齢の定義はサプライヤーによって異なる場合があります。
--ShowCardCharges     当該機能を利用するには申請が必要です。利用する場合は必ずお問い合わせください。
カード手数料
当該タグを「True」とすることで「空席照会レスポンス(CheckRouting)」にサプライヤー毎のカード手数料を返却する。

  </TravellerList>
    <ShowCardCharges>true</ShowCardCharges>
   <IncrementalResults>true</IncrementalResults>
  <BookingProfile>
   <CustomSupplierParameterList>
         <CustomSupplierParameter>
            <Name>UseNewCardChargesFormat</Name>
            <Value>true</Value>
         </CustomSupplierParameter>
   </CustomSupplierParameterList>
  </BookingProfile>
 </StartRouting>
</CommandList>
--ShowLuggageCharges 2 O 当該機能を利用するには申請が必要です。利用する場合は必ずお問い合わせください。

 </TravellerList>
 <ShowLuggageCharges>true</ShowLuggageCharges>                        <IncrementalResults>true</IncrementalResults>

値を"true"とセットすることで、 空席照会リクエスト(CheckRouting) の中に各サプライヤーがサポートする手荷物手数料を返却する。
--ShowCheckInCharges 2 O 当該機能を利用するには申請が必要です。利用する場合は必ずお問い合わせください。
値を"true"とセットすることで、 空席照会リクエスト(CheckRouting) の中に各サプライヤーがサポートするチェックイン手数料を返却する。
--ShowSpeedyBoardingCharges 2 O 当該機能を利用するには申請が必要です。利用する場合は必ずお問い合わせください。
値を"true"とセットすることで、 空席照会リクエスト(CheckRouting) の中に各サプライヤーがサポートするスピードボーディング手数料を返却する。
--IncrementalResults 2 M true  (固定値) 
検索結果が非同期に返却されます。空席照会リクエスト(CheckRouting)のリクエストを行うたびに新たな結果を受信します。
※新しいレスポンスにはその前に受信した結果は含まれません。
--BookingProfile 2 O
一部M
ブッキングプロファイルタグ
サプライヤーのB2Bサイト上の運賃をリクエストする際に利用するエレメント情報。
注意:当該機能を利用する場合は、サプライヤーからB2Bサイトのログイン情報を受領する必要があります。
詳細については、 旅客情報リクエスト(ProcessTerms) を参照のこと。

当該検索から取得した結果は"CustomSupplierParameters” (事前座席指定)に影響する場合がある。
詳細は 空席照会レスポンス(CheckRouting) の"RequiredParameterList"を参照のこと。
---CustomSupplierParameterList 3 M 以下セキュリティ情報に必要なパラメーターリストタグ
----CustomSupplierParameter 4 M 以下セキュリティ情報に検索・予約時に必要なパラメータータグ
-----PointOfSale
(18/04/05追加)
5 M 貴社サイト販売国情報
空席キー照会リクエスト(StartRouting)のみで必須
値には2文字のISO国名コードをセット

※貴社サイトを日本起点として販売し、エンドユーザーが海外からアクセスしたとしてもセットするのは「JP」となる
例:JP
  詳細は画面下のリクエストサンプル参照
-----EndUserIPAddress
(15/07/06追加)
5 M エンドユーザーのIPアドレス
空席キー照会リクエスト(StartRouting)と旅客情報リクエスト(ProcessTerms)で必須
例:12.123.45.67    
  詳細は画面下のリクエストサンプル参照
-----EndUserBrowserAgent
(16/11/07追加)
5 M エンドユーザーのHTTPヘッダー内「User-Agent」情報
空席キー照会リクエスト(StartRouting)と旅客情報リクエスト(ProcessTerms)で必須
例:Mozilla/5.0 (X11; Linux x86_64; rv:12.0) Gecko/20100101 Firefox/21.0
詳細は画面下のリクエストサンプル参照
-----EndUserDeviceMACAddress
(15/07/06追加)
5 O エンドユーザーのMACアドレス
空席キー照会リクエスト(StartRouting)と旅客情報リクエスト(ProcessTerms)で必須
例:01-23-45-67-89-ab
詳細は画面下のリクエストサンプル参照
-----RequestOrigin 
(15/07/06追加)
5 M リクエスト元情報
空席キー照会リクエスト(StartRouting)と旅客情報リクエスト(ProcessTerms)で必須
リクエスト元の国名及びLCC Search XML-APIと接続している貴社サイトURLを"ハイフン"「-」で区切ってセット
例:Japan-www.infini-lccbooking.com
詳細は画面下のリクエストサンプル参照
-----AgentIATANumber
(19/03/29追加)
5 O IATA番号
特定のNDC対応航空会社を予約する場合に空席キー照会リクエスト(StartRouting)で必須
詳細は画面下のリクエストサンプル及びキャリア独自仕様(NDC)参照
-----AgentIdentifier
(19/03/29追加)
5 O 航空会社から提供されたAgent識別情報
特定のNDC対応航空会社を予約する場合に空席キー照会リクエスト(StartRouting)で必須
詳細は画面下のリクエストサンプル及びキャリア独自仕様(NDC)参照
-----AgentLogin
(19/03/29追加)
5 O 航空会社から提供されたAgentログイン用ID情報
特定のNDC対応航空会社を予約する場合に空席キー照会リクエスト(StartRouting)で必須
詳細は画面下のリクエストサンプル及びキャリア独自仕様(NDC)参照
-----AgentPassword
(19/03/29追加)
5 O 航空会社から提供されたAgentログイン用パスワード情報
特定のNDC対応航空会社を予約する場合に空席キー照会リクエスト(StartRouting)で必須
詳細は画面下のリクエストサンプル及びキャリア独自仕様(NDC)参照
-----FrequentFlyerNumbers
(19/03/29追加)
5 O マイレージ番号
詳細は画面下のリクエストサンプル参照
--PerformSearch 2 O "false" : 空席照会レスポンス(CheckRouting) からフライト・運賃詳細情報を削除して返却
"true" またはブランク: 空席照会レスポンス(CheckRouting) にフライト・運賃詳細情報を包含して返却
-----RequestAllCabinClasses     全てのキャビンクラスを指定する
・値をセットしたもののサプライヤーによっては指定した値を無視して特定のキャビンクラスを返却する場合があります
 
XML Field 階層 M/O 説明
CommandList   M コマンドリストタグ
-StartRouting 1 M コマンドタグ
--RoutingId 2 M ルーティングID
--RouterList 2 O ルーターリストタグ
---Router 3 O ルータータグ
----Supplier 4 M サプライヤー名
----LogoNameSuffix 4 O ロゴ用の付加情報
当該タグが存在する場合、完全サプライヤーロゴファイル名は
「標準ロゴファイル名」&「-(ハイフン)」&「当該タグの値」となる。

例えば、サプライヤーロゴファイル名が"easyjet.gif"で、当該情報が"norway"の場合、完全サプライヤーロゴファイル名は"easyjet-norway.gifとなる。

当該タグ情報は、全レスポンスのルーター情報内に表示されるとは限らない(例:空席キー照会レスポンス(StartRouting)では表示されるが、空席照会レスポンス(CheckRouting)以降は表示されない)。
この場合、当該タグ情報を付加した完全サプライヤーロゴファイル名を利用することで正しいサプライヤーロゴを表示することが可能。

サプライヤーロゴの表示方法については、"サプライヤーロゴ"参照

※2015年6月現在 利用サプライヤーはありません。
----RequestedLocations 4 M リクエスト区間情報タグ
-----Origin 5 M 出発地
------Type 6 M タイプ "airport"もしくは"city"
------Code 6 M 出発地の3レターコード
-----Destination 5 M 到着地
子階層フォーマットは"Origin"と同様
----RequiredParameterList 4 O サプライヤーから正確な情報を取得するための追加パラメーター。