eTicketRevalidate (XML)

 

API情報

当該機能は、チケットをリバリデーションする機能です。

Service Action Code :eTicketRevalidateLLSRQ
最新バージョン :2.0.0
プロトコル :XML

ワークフロー

eTicketRevalidateLLSRQは下記ワークフローでご利用ください。

更新履歴

eTicketRevalidateLLSRQ v2.0.0 on April 04, 2018
  • リクエスト Version2.0.0をリリースいたしました。
  • レスポンス Version2.0.0をリリースいたしました。
 

XMLタグ定義書

XMLスキーマ

【注意点】
各種XMLスキーマは、Sabre社提供のオリジナル版となるため、「XMLタグ定義書」の記載上、
利用不可の情報が含まれております。
スキーマを利用してアプリケーションを構築される場合の各タグの利用可否は、
必ず「XMLタグ定義書」にてご確認ください。

※弊社にて「XMLタグ定義書」を作成する際、各タグの利用可否確認を行っております。
 

リクエストサンプル

 選択<eTicketRevalidateRQ xmlns="http://webservices.sabre.com/sabreXML/2011/10" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" Version="2.0.0">				
	<Ticketing CouponNumber="1" SegmentNumber="1"/>				
</eTicketRevalidateRQ>				

レスポンスサンプル

 選択<eTicketRevalidateRS xmlns="http://webservices.sabre.com/sabreXML/2011/10" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:stl="http://services.sabre.com/STL/v01" Version="2.0.0">				
	<stl:ApplicationResults status="Complete">				
		<stl:Success timeStamp="2017-12-05T20:18:17-06:00" />				
	</stl:ApplicationResults>				
	<Text>REVALIDATION SUCCESSFUL</Text>				
</eTicketRevalidateRS>