DeleteSpecialService (XML)

 

API情報

DeleteSpecialServiceは、SSR/OSIを画面上削除するAPIです。
航空会社にSSR情報のキャンセルを送信させる場合は、SabreCommandをご利用ください。
(サンプルは こちら
事前に GetReservationによるPNRリトリーブが必要となります。
SSR/OSI削除後は、 EndtransactionによるPNRの完了も必要です。

Service Action Code :DeleteSpecialServiceLLSRQ
最新バージョン :2.2.1
プロトコル :XML

更新履歴

DeleteSpecialServiceLLSRQ v2.2.1 on October 11, 2019
  • リクエスト Version2.2.1をリリースいたしました。
  • レスポンス Version2.2.1をリリースいたしました。#J
 

XMLタグ定義書

XMLスキーマ

【注意点】
各種XMLスキーマは、Sabre社提供のオリジナル版となるため、「XMLタグ定義書」の記載上、
利用不可の情報が含まれております。
スキーマを利用してアプリケーションを構築される場合の各タグの利用可否は、
必ず「XMLタグ定義書」にてご確認ください。

※弊社にて「XMLタグ定義書」を作成する際、各タグの利用可否確認を行っております。
 

リクエストサンプル(PNR画面上削除)

下記タグを常に利用し、値をfalseとしてご利用ください。
<Airline Hosted="false"/>
階層:DeleteSpecialServiceRQ>VendorPrefs>Airline@Hosted
 選択<DeleteSpecialServiceRQ xmlns="http://webservices.sabre.com/sabreXML/2011/10" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" Version="2.2.1">
<Service EndRPH="3" RPH="1"/>
<VendorPrefs>
<Airline Hosted="false"/>
</VendorPrefs>
</DeleteSpecialServiceRQ>

レスポンスサンプル(PNR画面上削除)

 選択<DeleteSpecialServiceRS xmlns="http://webservices.sabre.com/sabreXML/2011/10" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:stl="http://services.sabre.com/STL/v01" Version="2.2.1">		
 <stl:ApplicationResults status="Complete">		
  <stl:Success timeStamp="2019-02-11T22:40:24-06:00">		
   <stl:SystemSpecificResults>		
    <stl:HostCommand LNIATA="6D01E0">31-3¤</stl:HostCommand>		
   </stl:SystemSpecificResults>		
  </stl:Success>		
 </stl:ApplicationResults>		
</DeleteSpecialServiceRS>		

リクエストサンプル(航空会社にSSR情報のキャンセルを送信)

項番2のSSR情報のキャンセルを送信する場合
 選択<SabreCommandLLSRQ xmlns="http://webservices.sabre.com/sabreXML/2003/07" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" TimeStamp="2014-03-04T14:00:00" Version="1.8.1">
  <Request Output="SCREEN" CDATA="true">
    <HostCommand>32.XX</HostCommand>
  </Request>
</SabreCommandLLSRQ>

レスポンスサンプル(航空会社にSSR情報のキャンセルを送信)

 選択<SabreCommandLLSRS xmlns="http://webservices.sabre.com/sabreXML/2003/07" EchoToken="String" TimeStamp="2019-10-01T04:59:03" Target="Production" Version="1.8.1" SequenceNmbr="1" PrimaryLangID="en-us" AltLangID="en-us">
 <Response><![CDATA[* ]]><![CDATA[
]]></Response>
</SabreCommandLLSRS>